特徴:デジタル機器の多様化

近来の舞台芸術に於いては、LED照明の進出、イーサネットシステムへの移行がどんどん進んでいます。舞台デザインのプレゼンテーションに於いても、PCを使った3Dシュミレーションの方が、よりわかりやすく伝えることができます。 弊社独自のネットワークにより、デジタル機器の取り入れにいちはやく取り組んできました。
 また、音響におけるデジタル化も無限の可能性を見出しています。ライブソフトを使用してオペレーションすることは、通常のこととなっています。デジタル化によって、インプットからアウトプットまで、幅広い対応が可能となり、多種多様な音源からさまざまなスピーカーを配置してクリアな音を再現することが可能となりました。
これにより、音響表現の世界もより広がっていっています。

主な会社の実績





主な社員の紹介

 糸山義則

代表取締役 日本舞台監督協会 会員
九州地区舞台芸術運営協同組合 専務理事
様々な団体・劇団の舞台監督を務める。


 糸山裕子

取締役 NPO法人アートマネージメントセンター福岡 代表理事
福岡県立ももち文化センター 館長


 園田忠明

音響業務
クローバープラザ 舞台管理責任者


 前田哲平

舞台監督・音響業務
主にミリカローデン那珂川に勤務。
劇団やバレエスタジオの舞台監督や音響プランなどを行う。


 武藤隆弘

音響業務
主に香椎副都心公共施設 なみきスクエアに勤務
舞台業務と受付管理を担当。
劇団やイベントの音響オペを行う。


 轟千明

照明業務
主にミリカローデン那珂川に勤務。
劇団やイベントの照明プランやオペを行う。


 糸山和則

主にミリカローデン那珂川に勤務。
劇団やイベントの照明・音響オペを行う。

 壁村真理
総務・経理業務





pagetop